ABOUT SA

Sustainability Asia (SA) は、農村開発プロジェクトからはじまりました。コーヒー生産現場で従来廃棄されてきたコーヒー果実の果皮・果肉からお茶を作り、食品ロスや環境負荷を低減し、より持続可能で環境に配慮した農業の実現のためのサポートを行っています。さらに、お茶の販売は、小規模コーヒー農家に副次収入をもたらします。

 私たちはSDGs の中でも特に12番目のゴール「つくる責任・つかう責任」を一番に掲げています。生産者と消費者の両者が繋がりを感じられる社会形成に焦点を当て、活動を通じた価値の共有にも力を入れています。

Sustainability Asia (SA) has started from the rural development project. SA introduces tea production out of coffee pulp and husk, so called Cascara, that used to be disposed. Such challenge can reduce food waste and negative environmental impacts, while it brings about new value for market and extra income sources for farmers.

SA advocates Sustainable Development Goals, primarily Goal 12 "RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION". SA highlights on relations between producers and consumers how both sides could feel the linkage.